開業に当たっての検討事項及び注意点

1、基本構想を立案し、十分に検討する

基本構想とは、「開業の時期」「開業の場所」「クリニックの規模や装備の内容」「どんな診療サービスを行うか」を固めることを言います。この基本構想を練り上げ、開業準備の動きをイメージします。紙面に文章化・図式化するとより効果的です。

2、開業場所(物件)の厳選をする

開業の成功を目指すには、開業場所の選定が最重要です。上記の基本構想を基礎資料として不動産情報を集め、立地、物件(売地、貸店舗、貸事務所等)、将来性等を慎重に検討します。その際、下記の診療圏調査の実施が必須です。この調査を基に開業場所を決定します。

3、診療圏調査を実施する

具体的な開業場所(土地、貸店舗等)が出てきたら、この調査をします。内容は、診療圏の設定、その中の人口構成、競合調査、住民や各種施設からの聞き取り調査、推定患者数の検討をします。
この調査は、その場所での開業の適否、開業資金の調達、広告宣伝に必須の資料となります。従って、この調査は、開業支援実績の多い専門家や会社等に依頼するのが必須です。

4、事業計画を立案し、検証を十分に行う(事業計画書の作成)

事業計画書は、計画する医院・クリニックの事業の方向性や事業内容、諸費用、事業収益を可視化する事で、ビジネスとしての当否の判断をはじめ、事業の強みや弱みを具体的に判断できます。
この計画書には、経営理念、計画、収支計画、資金調達計画、など様々な計画を具体的に記載する必要がありますので、事業としてのイメージ化が出来なかった事柄や問題点などが把握でき、開業計画の遂行が確かで緻密なものになります。

5、資金計画の立案を行う

上記の事業計画を基に、自己資金、諸経費の算定、借入金の検討を行い、お金の面で事業内容把握し、事業計画を練り上げます。

6、物件(売地、貸店舗・貸事務所等)の契約や建築内装の契約を的確に行う

医院・クリニックの開業をする場合、大きく2つのケースがあります。土地に建物を建築する場合、貸店舗・貸事務所を賃借して内装をして開業する場合です。更に最近では医業承継が広がっていま
す。いずれの場合も多額の費用がかかり、将来にわたり色々な問題が生じます。その問題発生を避けるためには、それぞれの契約内容を慎重且つ的確に検討し、契約する必要があります。ここでも
開業支援実績の多い専門家や会社の支援を的確に受ける必要があります。

7、開業における広告宣伝は、慎重・的確に行う

開業の早い立ち上がりは、自院の的確な認知によります。その認知の為には、効果的な広告宣伝が必要です。それも、費用を掛ければ良いわけではないのです。効果的な広告宣伝が必要です。その
効果的な宣伝には、広告手段の選定、広告の内容、広告のエリア検討が重要です。

8、スタッフの募集及び選定は、慎重に行う

医院・クリニックはサービス業です。サービス業は、人的活動がポイントです。従って、その構成員であるスタッフの質は、重要です。良質のスタッフを如何に集め選定できるか、ここでも専門家
(社会保険労務士、人事コンサルタント等)の支援を得てスタッフ募集や労務管理をする必要があります。